太陽光投資編【埼玉県北部】 ~2015年当時の私①~

太陽光

2014年に太陽光投資を開始し、順調に売電金額が口座へ入金され始めた私は、現物投資の世界に味をしめ、次なる戦略を立て始めた矢先に、北関東の実家に遊休土地があることを思い出しました。

 

それも南側が開けており、電柱も近く、長方形に近い形の土地です。

 

1基目を購入した業者は、今は禁止されている「低圧敷地分割」による分譲ソーラー専門業者でしたが、色々とリサーチした結果、安価でパネル等設備販売+施工をしてくれる別の良心的な業者が見つかりました。(現在も倒産せずに、業容を拡大中です)

土地の大きさや住所を伝え、見積書を取り寄せたところ、1基目は土地代以外の費用合計がkw35万円程度でしたが、1年経ってパネルの相場が下落したことと、既に太陽光を所有しているという「素人ではないオーラ」をさりげなく醸し出したことにより、最大限値引もしてくれ、kw21万円程度で購入することが出来ました!。

2015年当時ではかなり安い価格です。

 

場所:埼玉県北部

価格とスペック:総工費550万円 パネル25.6㎾

買取単価:32円

 

実家のすぐ近くなので両親に定期的にパワコンが動いているか、パネルが割れたりしていないかを見てもらえるため管理費もかかりません。

土地代がかからず整地費用もほぼ発生しなかったので、表面利回りは18%です(笑)   

土地の名義が父親であることから、日本政策金融公庫からは父親の連帯保証人を求められてしまい、止む無く現金決済しました。

 

父親は当初太陽光投資に懐疑的でしたが、既に1基目の売電実績があること、国の出先機関(公庫)が低利で融資をしていることを理由に信用してくれ、地代を支払うことを条件になんとか説得することが出来、土地を貸してくれました。

現金で購入したこともあり、これでキャッシュフローは月10万円超えです!

 

連係は施工完了後1か月程度でしたが、連係開始時期には既に3基目購入に向けて動き出しておりました。

⇒2015年 ②へ続く

タイトルとURLをコピーしました