太陽光売却活動に動きあり!!

太陽光

ここ最近、太陽光売却に関する記事をいくつか記載しておりますが、正式に売却活動を開始しております。

太陽光売却活動_開始10日後の状況
色々考えた上で、最終的に所有太陽光の一部を売却することにしました。売却を決意した後に、政府が原発再稼働を推進するニュースも配信され、インボイス制度やパネル廃棄積み立て制度の開始も控えてる今、売却すべきであることが自信から確信に変わりま...

上記の記事の通り、一人買主候補が現れ、敷地内を確認後、特段問題が無ければ購入を決めたいと意思表示をしてくれ、しかも現金払いのようです。

私の物件は仲介案件なので信販ローンは使えず、購入出来る層が限定的になることから、これはアツいです!

仲介から一日に何度も電話が来て都度質問に回答したので、ほぼ決まるだろうと思い込んでいましたが、数日後仲介より電話が来て、細かい点を2点指摘され、やはり購入しないと言われてしまいました・・・

 

この売却による手残りも期待して既に2戸の戸建ての契約を控えていたこともあり、目の前が真っ暗になりました・・・

 

その後は10日ほど、全く仲介からの進展報告が無くなり、長期戦覚悟となりました。

過去に資料請求してきた人からも、「現地に行ってきた。●●円なら購入したい」といった交渉も入りません。

年内にこの物件を売却、年明けにもう1基売却することにより、消費税免税事業者のうちに2基売却するというのが私の計画です。

戸建の減価償却が切れてくると、太陽光単体の黒字が大きいこともあり、トータルでの税負担が一気に上昇します。

先般記事にした、今後の太陽光投資における逆風を鑑みると、市況が良いうちに2基は売却しておきたい状況です。

今、太陽光売却を検討すべきこれだけの理由 ~特に免税事業者の方は必見!~
最近、太陽光発電所の運用変更やインボイス制度開始を控えていることもあり、・今後も保有し続けた場合のトータル収益・売却して税金も払った場合のトータル収益のシミュレーションをしてみました。太陽光は不動産と違って空室リスクがなく、収...

 

そんな中、仲介より久々に電話があり、「そろそろ値下げしませんか?」という相談かとおもいきや、

「弊社で複数基購入して頂いている法人様から連絡があり、現地を見なくても良いのですぐに現金で購入したいとのことです。契約の手続きを進めて良いですか??」

という確認の電話でした。

「もちろんです!!!」

と即答し、近日中に正式な契約書を作成し、売主→買主の順に郵送でやりとりをして契約を締結するとのことです。

順調に行けば、10月中には決済迄完了出来る見込みのようです。

また買主は、過去に購入した際もあまり細かいことは言わないタイプの方のようで、また既にポータルサイトから削除されているため、ほぼ確定と言ってようでしょう!

買主の気が変わったり、急に資金の手当てが出来なくなったということが起らないよう、ひたすら祈ります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました