借地太陽光の「20年後、地主による設備撤去条件」はアリか?

太陽光

ここ、1,2年で時々見かける太陽光案件の中に、「20年後は地主が責任を持ってパネルなどの設備撤去を行うので、オーナーは将来の撤去の費用を気にしなくて良いですよ~」というものがあります。

 

20年後以降がまだ不透明な中、相応の金額となる設備の撤去費用の心配がいらず、20年単位で投資が完結し、収益が読みやすいという点においては良いと思います。

40円・36円といった買取単価が高い物件であれば、21年目以降売電収入が5分の1前後となる可能性も高く、設備の修理も発生する可能性が高いことも加味すれば場合によっては、「アリ」なのかもしれません。

ただし14円~21円くらいまでの買取単価が低い物件であれば、21年目以降も買取単価の下落率がさほど大きくなく、絶対に「無し」だと思います

 

これはおそらく、売主業者が地主から太陽光用地を物上げをしようとしたところ、地主が手放してくれず、通常の借地案件としても地主は難を示し、最終的に地主が21年目以降、物件のオーナーとなれることを条件にして用地を確保したのかな? と思われるケースです。

地主は20年間地代をもらいつつ、21年目以降はタダで物件がもらえますので、かなりオイシイです(笑)

 

私が思うには、現在太陽光の用地となっている田舎の土地は、20年後も間違いなく太陽光の用地以外に活用方法はありません。

通常の借地案件として20年の賃借権・地上権登記をした土地であっても、オーナーが20年後に「もうやめた~!」といって土地の使用権を地主に返したとしても、地主は何の使い道もない土地が戻ってきて、さらに雑草の処理に追われる日々が20年振りに復活してしまいます。

 

私も借地物件を持っておりますが、将来的には地主に対して、

「20年経って買取単価も大きく下がりました。設備の故障も増えてきており、今迄通りの借地料であれば無理に発電所運営を続けても儲からないので設備を撤去してやめようかと思っている。借地をせめて半分程度に引き下げてもらえれば・・」

などと交渉すると思います。

 

「雑草処理など土地の管理もめんどくさいから、そのままタダで使ってていいよ~」が理想ですね^^

 

私が太陽光投資を始めた2014年当時は20年スパンでしか考えておりませんでしたが、2016年頃から、21年目以降は〇円で買取りする、といった新電力会社の条件が出てきました。

今後は、30年スパンで投資シミュレーションをしていくのが正解ですね!

タイトルとURLをコピーしました